もぐりん

横浜市緑区でひのき酵素風呂や美容整体は、もぐりんへ【JR横浜線中山駅すぐ】


キーワード無しの関連情報

該当する記事がありませんでした。
※テキストはWikipedia より引用しています。

横浜では酵素風呂のお店があります。見た目は砂風呂に似ていますが、発酵したおがくずや米ぬかをつかっています。サウナや岩盤欲など温熱療法の一種として広まりつつあります。顔だけ出して入浴しますが砂より軽いのが特徴です。タイプはオケとプールがあり横浜ではオケタイプが多いです。横浜でも特に家賃が高い場所は広いスペースのプールタイプはなかなか難しいです。酵素風呂のは3種類に分かれるので、気になっているお店はどちらなのか事前に確認しましょう。まずは、おがくずと米ぬかを混合したタイプです。どちらが多いかは横浜のお店で変わってきます。おが粉が多い方が匂いが少ないでしょう。米ぬかだけで作っているタイプは匂いが特徴的です。匂いがきついですが、熱は混合タイプよりも上がりやすいと言われています。短時間でも汗が出るほど暖かいので、冷え性におすすめです。ただし、匂いのためシャワーをしても髪に匂いが残る時もあります。熱いので人によっては疲れるかもしれません。おが粉の場合、米ぬか100%よりも匂いはマイルドです。抗菌効果もあるので皮膚疾患などに良い効果をもたらします。ただし、人数が増えると温度がより下がりやすくなります。長めに入りたい場合はお店で延長することをおすすめします。また、おが粉が粗いと皮膚がチクチクするため、酵素着を着用する必要があります。どちらがいいかは一概に言えません。例えばのぼせやすい方は米ぬかよりも混合タイプの酵素風呂を選ぶ方がいいでしょう。低体温で熱さをあまり感じないなら米ぬかでもいいでしょう。酵素風呂は日々熱を保ちます。熱湯や酵素の素などを入れてかきまぜると自然に熱を帯びてきます。おが粉や米ぬかの有機物を酵素の素の微生物が分解します。この「発酵熱」の仕組みを使うことで酵素風呂は出来上がります。かき混ぜることをやめてしまうと発酵しなくなり熱も帯びません。そのため、横浜のお店は毎日丁寧にかき混ぜています。お店によっては熱を上げるのに種菌を使うケースと使わないケースがあります。種菌があった方が発酵しやすいので熱も早くなります。しかし、種菌がなくても発酵して熱を上げることは可能です。
Tagged on: , ひのき酵素風呂と美容整体のもぐりん【JR横浜線中山駅すぐ】