家庭用・業務用軟水器イオンソフナー

イオンソフナーは井戸水や地下水でも、水質基準を満たす安全な水に改善することができます。どんな高硬度の水道水でも硬度1度以下の超軟水を長期間安定して作ることができます。塩素も同時に軽減でき、ファミリーサイズにも最適な軟水器です。


軟水器の関連情報

軟水器(なんすいき)とは、水の中に含まれるカルシウムイオンやマグネシウムイオンなどの陽イオンを、イオン交換樹脂の働きでナトリウムイオンに置き換える働きを持つ装置、または器具のことである。 同じくイオン交換樹脂を使って水中のイオンを全て取り除こうとする(言い換えれば水中の陽イオンを水素イオンに、陰イオンを水酸化物イオンに置き換える)純水器(じゅんすいき)とは区別される。また最近では、意味が拡大解釈されて単に水道水や硬水から軟水を造り出す装置、または器具の意味で用いられることもある。
※テキストはWikipedia より引用しています。

井戸水に関しては、基本的に浄水器を使うのが得策だといえます。そのまま飲むことができるところもあるかもしれないですが、細菌などが入っていることが非常に多く、健康を害する可能性があるので、しかるべきレベルの浄水器を使っている水を飲む方が良いでしょう。その場合は、選ばれ続けているメーカーのものを上手にピックアップし、その上で購入することが重要となってきます。井戸水を飲んでいる人たちが身の回りにいる場合は、その人たちがどのようなやり方で飲んでいるのか、取材してみると良いでしょう。経験者の話が結局のところ1番大きな参考材料になるので、そこを理解しておくことが大事です。教えてくれる人がいるならそれが1番ですが、全く教えてくれる人が身の回りにいない場合は、浄水器に関して売れているものをしっかりとピックアップするためにも、雑誌やインターネットを利用して情報収集するのが無難だといえます。特に、インターネット上に目を向けることによって、実際に井戸水を浄水器で飲んでいる人たちの体験談に関して、口コミをチェックできる情報サイトなどからも確認することが可能です。そういった人たちがどこのメーカーの浄水器を使っているのかを確かめ、それから購入を試みたほうが良いでしょう。人気ランキングサイトで、売れ筋のランキングをチェックしてから購入するのも悪くないです。レビューに関してインターネット上で調べたら、後はそれを取り扱っているオンラインショップで、特定の浄水器を確認し、どのくらいの料金になっているのかを見極めるのが基本的な流れとなってきます。井戸水の汚さのレベルによって、どのくらいのレベルのものを購入するべきなのかも変わってくるので注意が必要です。どちらにしても素人判断で購入するのはナンセンスなので、お店の人に問い合わせをしてから購入した方が良いでしょう。全く同じものでも、場所によって料金が異なるので、しっかりとそれぞれのお店の取扱料金を比較しつつ判断することが肝心です。
Tagged on: , イオンソフナー|生活用水を軟水に変える軟水器の販売やサポート