NEXT LIFE

【北海道全域に出張可能】ペット葬儀・ペット火葬は北海道札幌市「株式会社ネクスト・ライフ」にお任せ下さい。無煙・無臭、ダイオキシンを発生させない移動火葬車でお伺いします。最後まで心をこめて対応させて頂きます。お気軽にお問合せ下さい。


葬儀の関連情報

葬儀(そうぎ)あるいは葬式(そうしき)とは、人の死を弔うために行われる祭儀、葬制の一部である。
※テキストはWikipedia より引用しています。

生き物を飼っていると、いずれは必ずお別れの時がやってきます。飼っている生き物が亡くなったら「今までありがとう」の感謝の気持ちをこめ、きちんととむらってあげることが大切です。ペットが亡くなったら、速やかになきがらは適切な処置をする必要があり、一般に土葬と火葬の形が取られます。自宅の庭などに埋めてやると良いですが、法律上、自分が所有する敷地以外に土葬することはできません。もし自宅に庭などがない場合は専門業者に依頼して火葬をしてもらいます。札幌市は、市が運営する機関でペットの火葬を受付していますが「火葬に立ち会いたい」「ペットのお骨を持って帰りたい」という人は、ペット火葬の専門業者を利用するのもおすすめです。札幌市内には複数のペット火葬会社があり、各会社がさまざまなプランやサービスを提供しているので、要望に合った葬儀のできる会社を選ぶと良いでしょう。ペット火葬は大きく分けると、ほかの動物と合同で火葬する合同葬と動物1対ずつを火葬する個別葬があります。合同葬はそのままペットのお骨をペット霊園の合同碑に納骨・供養してもらえ、費用や供養の負担が軽く済みます。一方、個別葬はほかの動物と一緒に火葬しないので希望すれば立ち会ったりお骨を拾って持ち帰ったりすることが可能です。会社やプランによっては、個別に葬儀を行って僧侶が丁寧にお経をあげてくれる場合もあります。どのような葬儀のあげかたが正しいとは一概に言えません。飼い主の方の一番納得できる形を選ぶことが一番大切です。なお、ペット火葬をおこなう場合は、動物が亡くなったらすぐ可燃性の箱やかごに入れて体をきれいな状態に整えてあげ、火葬までに傷みが進まないように冷却材などで冷やしてあげる必要があります。動物は箱ごと火葬することが多いので、花や布などは一緒に収めてもかまいませんが、金属や燃えない物は一緒に入れないようにしましょう。ペットの飼育は、最後のお別れまできちんと面倒を見てやることが大切です。動物を飼ったら、いざという時にためペット火葬について早めに札幌市内にある火葬業者の情報収集をしておくのがベターです。
Tagged on: , ペット火葬は北海道札幌市「株式会社ネクスト・ライフ」|移動火葬車